アルミ冷間鍛造は三協製作所。金型から切削、加工まで徹底した品質管理で一貫生産が可能です。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • ISO

企画・製造の流れ~部門・設備紹介~

 » 
企画・製造の流れ

企画・製造の流れ

三協製作所の冷間鍛造一連の流れです。
点線の部分をクリックすると、各部門紹介へジャンプします。

部門・設備紹介

アルミ冷間鍛造品の一貫生産が可能な三協製作所の部門・設備をご紹介します。

技術部門

金型設計

お客様より製品の仕様書を頂戴し、それに基づき製品の「いのち」である金型を設計します。


▲上に戻る

金型製作

金型図面を基に金型の製作を行います。
充実した設備群で、社内で使用するほぼ全ての金型を製作しています。

マシニングセンタ・CNC旋盤

▲上に戻る

製造部門

当社の製造工程の特色は、材料取りから熱処理、切削加工までの一貫ラインを完備していること。豊富な実績と独自のノウハウで「確かな」製品を生み出します。

材料受入

資材置場

当社では国内ほとんどの材料メーカー様とお取引させて頂いております。
輸送されてきたすべての材料の受け入れ検査を行います。

▲上に戻る

材料切断

切断機

原材料を製品ごとに、一定の長さ・重量に切断します。
切断機は材料径やパイプ材・異型材など材料により使い分けます。

▲上に戻る

焼きなまし

電気焼鈍炉

焼きなましは内部応力の除去、硬さの低下、加工性の向上などの効果があります。
鍛造金型の寿命を延ばすことにもつながります。

▲上に戻る

潤滑

ボンデ装置

当社では潤滑処理としてボンデライト処理を行っております。アルミ素地の上に化成皮膜を作り、その上に金属石鹸を塗布します。これにより鍛造時のアルミニウムの成形性を高めます。

▲上に戻る

鍛造

1600tプレス機

1600トン・プレスをはじめとする業界随一のプレス群で他社にはない大径長尺品も自在に生み出します。当社独自のニアネットシェイプ技術により、鍛造だけでほぼ最終形状まで成形します。

▲上に戻る

横型プレス機

長尺品をさらに長く薄く伸ばすことができます。また、加工後は製品の面粗度が向上します。
プレス機だけでは出来ない長尺品の成形を可能にします。

▲上に戻る

熱処理

熱処理炉

鍛造後のアルミニウム合金の硬化処理を行います。通常は溶体化処理を行って焼入れ(急冷)し、その後、比較的低い温度で一定時間加熱する時効熱処理を行います。

▲上に戻る

洗浄

洗浄装置

当社では硫酸・硝酸を使用する酸洗浄ライン、苛性ソーダを使用する苛性洗浄ラインを合計5ライン保有しております。製品の仕様とお客様のご要望により使い分けます。

▲上に戻る

切削

CNC旋盤

精度の必要な精密部品はNC旋盤で切削加工を施します。タッピングなどの加工を施すことで、製品の付加価値を高めます。

▲上に戻る

品質保証部門

出荷前の最終検査を行います。QC検定1~3級を所持する品質のプロが最新鋭の機器を用いて外観・寸法を厳しくチェックします。

測定

三次元測定機・コントレーサー

▲上に戻る

生産管理部門

営業からの受注連絡をうけ、材料の受け入れから出荷までの生産計画を立て、工程スケジュールを管理します。

▲上に戻る

お問い合せはこちら

TEL 03-3654-8771

受付時間 9:00~17:00

メール  資料請求

三協製作所のQCDD'SE

  • 品質:quality
  • 価格:cost
  • 納期:delivery
  • 開発:development
  • 安全:safety
  • 環境:environment

会社案内

本社

本社外観

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江4丁目6番16号
TEL (03)3654-8771(代表)
FAX (03)3656-5278

山形工場

山形工場外観

〒993-0033
山形県長井市今泉1680番地
TEL (0238)88-9711(代表)
FAX (0238)88-9698

名古屋支店

〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通4-4-3西野ビル2-A
TEL (052)789-0465(代表)
FAX (052)789-1215

三協製作所

三協製作所に関してご不明な点やご質問などございましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

電話 メール 資料請求